レイクのキャッシング、クレジットカードのキャッシング、総量規制に影響するのはどれ?

消費者金融には総量規制があり年収の3分の1までが借り入れの上限となります。
この総量規制の対象となるものはいわゆる「キャッシング」です。

例えばレイクやバンクイックなどの銀行系カードローンからの借り入れは総量規制の対象になりませんので計算に含まれることはありません。
消費者金融からのキャッシング、そして意外かもしれませんがクレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となりカウントされます。
一方、同じクレジットカードでもショッピング枠はローンになりますので総量規制の対象とはなっていません。

総量規制があるのは多重債務を防ぐことが最大の目的となっています。
これは社会問題にもなりました。
年収の3分の1までの借り入れ上限とすることで貸し付け過多を防ぐことになります。
それでも消費者金融から借り入れをすることができない状況になったとしてもバンクイックでは銀行になり総量規制の対象外となりますので借り入れができることがあります。

それでも考えておかなくてはなりません。
年収の3分の1と決められているのは返済ができるであろうぎりぎりの条件になります。
それよりも借りる金額が大きくなれば返済が困難になります。
バンクイックなどの銀行も総量規制がないとは言ってもいくらでも貸し付けをしてくれるわけではありません。
例えバンクイックなどの銀行でもこの上限は一般的にどこの金融機関でも貸し付けの上限として考えている一つの目安になります。